隣人男性との出会い


メニュー


隣人男性との出会い

先日、マンションの隣に住んでいる男性に、重い荷物を運ぶのを手伝ってもらいました。

その時は、私は母と一緒だったのですが、後日会った時に、食事に誘われました。 話しの流れで、彼が私に料理をしてくれることになり、彼の家に招待されました。結局お酒も入り、Hまでしてしまいました。隣の家に住んでいるのに、朝まで彼と一緒にいました。

彼は情熱的で、今までのどんな男性よりも性行為の相性が合っていると思います。激しいのに、最初はとても優しく触れてくれて、とろけてしまいそうです。

朝までに結局5回ほどしてしまいました。

次の日は身体全体が筋肉痛になっていました。キスも上手くて、ずっとしていたいぐらいです。

仕事があったので帰らなければいけませんでしたが、今度は週末に彼のところにまた遊びに行くつもりです。

今度は2日間あるので、たっぷり楽しみたいです。

近所の人から噂が立たない程度に通うつもりですが、私ははまりやすい性格なので、入り浸ってしまいそうで怖いです。

レイプ動画にリアルはいらない

レイプ動画、ありますよね?

女性を無理矢理犯すっていうのは、男性なら一度は妄想することだと思います。

それを実際に見せてくれるレイプ動画は男性の妄想を叶えてくれる素敵なものです。もちろん自分も大好きです。

でも……レイプ動画ってなんで、ああも凄惨な感じなのが多いんでしょうか? いや判ってます。レイプは女性を無理矢理犯す行為なのだから、女性は嫌がって抵抗するのが当然です。 そしてレイプ動画を見るような男性は、嫌がり抵抗する女性を蹂躙することに興奮するのだろうということも。 でもね、違うんですよ。

最初は嫌がってても、抵抗しててもいい。抵抗がないとそれはそれでリアリティがないですから。 だけどレイプ動画なら……特に実際のレイプを記録したものやそんな実録風の体裁を取ってないものなら、最後まで嫌がってたらむしろ萎えませんか? 自分は萎えるんです。最後まで女性が抵抗している、嫌がっていると。

「ああ、こいつレイプはしたけど女性は落ちてないな、心までは犯されなかったんだな」と思っちゃうんですね。

だから自分は、レイプは好きだけどリアルなレイプ動画は苦手です。

無理矢理でいい、女性は嫌がっても抵抗してもいい。 でも最後には嫌がりながらも感じて欲しい。抵抗しつつも男を受け入れて欲しい。

心まで蹂躙されて欲しい。

そんな風に重いながらレイプ動画を物色するのって、我が儘なんでしょうかね?